0

パドリング/Paddling

通常のショートボードよりアライアは浮力が少ないので、身体が水中に沈む為、身体のバランスの取り方に違いが出る。
パドリングと言う感覚より、水泳のクロールのような泳ぎになる。
身体内部の下半身と上半身をつなぐ筋肉を利用しながら,脚部を真っ直ぐに保ち、身体を伸ばしながら,右手で水をかくと同時に左足を少しだけ上げる、その反対も含め、それを交互にパドルしなければスムーズに前進しない。
テイクオフの時に、ボディーサーフと同じようにクロールの技術を利用しながら、強くバタ足こぎをする。 筋肉の力ではなく、流体力学的な動きが重要。 始めはかなり体力を要するが、それはまだ、身体のポジションが整っていないだけで、こつを掴むと,気持ち良さと共に早く進むようになる。
水泳と同じような伸びる動きでパドルするので、腰に負担があまり掛からない利点がある。
身体を真っ直ぐにするとちゃんと浮き、ボードが自然にぴたっと身体にくっついてくる。この状態になれば簡単に進む、身体が曲がってしまうと沈み、ボードが真っ直ぐに進まない、 力を抜いて、リラックスして腕を伸ばせば、前にスムーズに行き、身体とボードが上がります通常のボードより、アライアは水中に深くまで沈ませる事が出来る。
水中でアライアは翼のような感覚でコントロール出来き、波の下で足を使って泳ぐ事が出来る。
波待ちでアライアに座っている状態では肩位まで沈んでいる為。小さい波が来た時は波に飲み込まれる事無く波の下を潜る事が出来る。

テイクオフ/Take off

アライアに座って待つ時にかなり沈む、 テイクオフで動き出す時に身体を伸ばしながら、足で平泳ぎした方が早い、 タイミングがとても大事です、最初はパーフェクトな波を選んだ方がタイミングが分かりやすい、 ボディサーフで練習した方が感じやすいかもしれない、 ボードの前側にちょっと寄り、クロール泳ぎして波の下方へ身体を持って行く、 ここも身体が真っ直ぐじゃないとボードが付いて来ない、 胸で下へボードを押す。

ライディング/トリミング/グライディング/Riding/Trimming/Gliding

ライディングの仕方は通常のフィンがあるボードと違い、新雪のスノーボーディングに似ている。
アライアのエッジがフィンの替わりをするため、波のフェイスにエッジを入れ、カッティング出来る。
エッジを入れなければ横スライディングやスピンも可能。 スノーボーディングと同様に上半身の向きにボードも進む。 アライアはかなり繊細なので、しゃがんで自分の重心を低く保つ、コントロールする為には手を利用する。
アライアは浮力は少ないが流動力学上、全く水抵抗がなく、踏み込むと最高の滑りが得られる。 小さい波でも表面張力により水面から浮いた感覚となり、かなりのスピードが出る、スライディングと言うより、グライディングに近い。
どんなボードより、早く長くライド出来る。
バランスをとるために中心を低くする、手を使ってコントロールをする、カーブする時にレールをグラッブしてもいいです、フィンがないので、カーブをするためにレールを入れて、押して、反対側のレールに体重を移動する、(スノーボードと同じです)、レールを使いながら上半身を曲げる、フラットの所にはレールを入れれないので上半身を曲げるだけでもボードが付いて来る。
初めて乗る場合はレールでコントロールする事に慣れていないため、テールが回ってしまう事がある、(テーるが横に滑って逃げる)体重を後ろ足に寄せると後ろ側のレールが波にちゃんと入って横滑りをコントロールが出来る。

0